ワードプレス便利帳

WordPressの使い方を初心者から上級者までわかりやすく画像で解説

© ワードプレス便利帳 All rights reserved.

wp_130912_layout_00

20146/16

アメブロ記事をWordPressにインポートする

アメブロ記事をWordPressに引っ越しさせたい

いままでアメブロでブログを書いてきたけど
WordPressでサイトを構築したから全部の記事を引っ越しさせたい…。

そう思ったことはありませんか?ワードプレスなら簡単にできちゃいます。
※この記事の方法は一例です。自己責任で行ってください。

アメブロ記事をエクスポートする前の確認事項

アメブロ記事の日付の書式がYYYY-MM-DD HH:MM:SSになっているか確認すること。
※[設定]>ブログの設定:[タイトルの設定]>日付の表示方法2004-09-16 01:23:45へ変更

エクスポートに対応していないテンプレートデザインがあるので、昔から有りそうなデザインに変更しておくこと。

まずはこちらからフリーソフトをダウンロードします。
『ame-0.0.20.zip』っていうファイルです。

dist>ame-0.0.12.exeを起動します。

ameblo_import_01

起動したら自分のアメーバIDを入力し、エンターを押します。
http://ameblo.jp/example/この部分です。

ameblo_import_02

すると文字がズラーっと表示され、最後に「end」と表示されればOKです。

「dist>download>アメーバID」の中に「index_日時.html」が生成されているのを確認。

次は「ame_conv_mt-0.0.15.exe」を起動します。

これまたアメーバIDを入力してエンター。

「dist>download>アメーバID」の中にテキストファイルが3つ追加で生成されているのを確認。

ameblo_import_03

これでアメブロの記事が無事エクスポートできました。
次はワードプレスにインポートします。

ツール>インポート>[Movable Type and TypePad]プラグインをダウンロードして実行します。

ameblo_import_04

ファイルを選択から「日時_mt.txt」を選択し、
「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

無事インポートできる状態なら、ここで
「インポートする記事のユーザーは誰にしますか?」という旨のメッセージが表示されるのでユーザーを選択して「submit」。
これで記事のお引越しは完了です!

残念ながらこの移行方法はあくまでも記事の移行のみで画像の移行は対応していません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

gsvgadvg

20172/17

カスタムフィールドでカレンダーを自作【プラグインいらず】

カスタムフィールドだけでカレンダーを自作 プラグイン不要というのはカレンダープラグインを使わずという意味であってカスタムフィールド系のプラ…

20161102200516

201611/2

ループの中に罫線を追加する方法

ループ出力の中に区切り線を追加する ブログや製品・商品情報として、1行ごとに罫線を追加したい、というデザインもあると思います。 しかしル…

20161017154512

201610/17

『WordPress importer』と『Search Regex』を使って画像ごと記事の引越しを行う

『WordPress importer』について WordPressからWordPressへ投稿記事の引越しに関して、WordPressは…

bsfvgs1s

201610/6

WordPressの記事・固定ページを親ごとに出力する。

投稿・カスタム投稿・固定ページのループ出力について WordPressではquery_postsやWP_Queryなどのループを使うとペー…

20160801185626

20168/1

WordPressのtitleタグのデザインを変更する

WordPressの見出しに工夫を加える WordPressは用意されたテーマを使うにしろ、独自テーマを使うにしろ、共通したページのレイア…

ページ上部へ戻る