ワードプレス便利帳

WordPressの使い方を初心者から上級者までわかりやすく画像で解説

© ワードプレス便利帳 All rights reserved.

thum_slug

20137/8

スラッグ(アドレス)を設定しよう

スラッグとは簡単にいえば、ページのアドレスのことです。

デフォルトの設定のままだと、投稿した記事のアドレスが「?p=4」などになっているため、
検索エンジンからも、閲覧者からもわかりやすい名前を設定してあげます。
ここで注意するのはスラッグは英数字のみ使用する(アンダーバー含む)ということと、スラッグは他のページと重複させないこと
日本語にしたい気持ちもわかりますが、あまり推奨されていません。

投稿ページに入り、右上部に有る[表示オプション]をクリックします。するといろいろなメニューが出てくるので、そのなかの[スラッグ]にチェックをいれ、再び[表示オプション]をクリックしてメニューを閉じます。

slug1

すると、本文を入力するボックスの下に、スラッグという項目が追加されています。このページには「slug」という名前をつけました。

slug2

これでその投稿ページのアドレスは「ドメイン名/スラッグ名」になっているはずなので、アクセスして確認してみます。

スラッグはわかりやすい名前をつけると、SEOに効果があるとされています。
ただし、あまりにも長すぎる名前はよくないので、程よい長さに収めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

gsvgadvg

20172/17

カスタムフィールドでカレンダーを自作【プラグインいらず】

カスタムフィールドだけでカレンダーを自作 プラグイン不要というのはカレンダープラグインを使わずという意味であってカスタムフィールド系のプラ…

20161102200516

201611/2

ループの中に罫線を追加する方法

ループ出力の中に区切り線を追加する ブログや製品・商品情報として、1行ごとに罫線を追加したい、というデザインもあると思います。 しかしル…

20161017154512

201610/17

『WordPress importer』と『Search Regex』を使って画像ごと記事の引越しを行う

『WordPress importer』について WordPressからWordPressへ投稿記事の引越しに関して、WordPressは…

bsfvgs1s

201610/6

WordPressの記事・固定ページを親ごとに出力する。

投稿・カスタム投稿・固定ページのループ出力について WordPressではquery_postsやWP_Queryなどのループを使うとペー…

20160801185626

20168/1

WordPressのtitleタグのデザインを変更する

WordPressの見出しに工夫を加える WordPressは用意されたテーマを使うにしろ、独自テーマを使うにしろ、共通したページのレイア…

ページ上部へ戻る