ワードプレス便利帳

WordPressの使い方を初心者から上級者までわかりやすく画像で解説

© ワードプレス便利帳 All rights reserved.

allinone

All in One SEO Packの使いかた

SEO対策はこれ1つで間に合う優秀なプラグイン

All in One SEO Packは、SEO対策の設定を視覚的・総合的に管理できるプラグインです。
投稿記事、固定ページごとにDescriptionやKeywordの設定が可能です。
しかも日本語対応のプラグインなので設定しやすいのが特徴です。

基本設定

プラグインを有効化すると、サイドバー上部に「All in One SEO」という項目が追加されているので、そこから基本的な設定を行います。
設定を行うのは基本的に[General Settings]のみで、
他の2つの項目[Performance]、[Feature Manager]はあまり触りません。

seopack1

上から順番に設定していきます。

seopack2

[General Setting]はそのままです。
All in One SEO Packは基本無料ですが、任意でお金を払って使うことも可能です。
しかし無料版でも十分な機能を備えているので募金のような感覚です。

seopack3

[Home Page Settings]では、サイトにアクセスした時に一番初めに表示されるトップページのmeta項目を設定することができます。

タイトルは検索をした時に一番目立って表示される部分。
無難にホームページのタイトルを入力することをおすすめします

Descriptionは検索結果で表示されるホームページの説明文部分です。

ホームキーワードは、「ワードプレス 使い方」など、
ホームページに関連するキーワードを入力します。多くても10個までにしましょう。

上記で入力したものが、検索結果ではこうなります。

seopack4

また、キーワードは表面上には表示されません。

投稿記事での設定

設定方法はトップページで設定したものと基本的には同じです。

投稿記事、固定ページの1ページずつにキーワードやDescriptionを設定することができます。

また、1度ページを更新するとプレビュー表示されるので
作成したページが検索結果にどのように表示されるのかがわかりやすいです。

seopack5

キーワード項目の下にあるチェックボックスにはチェックを入れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

a

201710/24

プラグインを使わない絞り込み機能【未選択時はすべて表示したい】

Wordpressの検索機能について チェックボックスに1つもチェックをいれなかったら 絞り込まずに全部表示。 「絞り込みの入…

av

Welcartのカテゴリー管理・新規登録ページをカスタマイズする

ECサイトをWordpressで運用するときに使われる『Welcart』というプラグイン。 私はこのプラグインが使いにくくて仕方がないです…

gsvgadvg

20172/17

カスタムフィールドでカレンダーを自作【プラグインいらず】

カスタムフィールドだけでカレンダーを自作 プラグイン不要というのはカレンダープラグインを使わずという意味であってカスタムフィールド系のプラ…

20161102200516

201611/2

ループの中に罫線を追加する方法

ループ出力の中に区切り線を追加する ブログや製品・商品情報として、1行ごとに罫線を追加したい、というデザインもあると思います。 しかしル…

20161017154512

201610/17

『WordPress importer』と『Search Regex』を使って画像ごと記事の引越しを行う

『WordPress importer』について WordPressからWordPressへ投稿記事の引越しに関して、WordPressは…

ページ上部へ戻る